So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

バク宙するロボット! [雑感]

今朝のニュースでバク宙するロボットの動画が流れていた。
これは凄い!しかも立った時に足が震えているような感じが人間的。
以前にも4足で走っているロボットなどの映像はあったが、受けた衝撃度が違う。
本当に人間のように動き、考えるロボットもそう遠くはないかも。私が生きている間に
見れるかも。もう少し長生きしてもいいかも。
残念なのは日本ではなかったことだ。産業用ロボットはかなり前から日本が先行していた
ような気がしていたのだが、このロボットは全くレベルが違うような気がする。
開発者の夢を叶えようとする思いが相当凄いのと、必ずできると信じているのだろうね。
私が今20歳だったら絶対やってみたい。
10年後には少なくとも介護は女房にしてもらうよりロボットのほうがいいかも。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

娘の進学が決まりました [雑感]

昨日、指定校推薦で願書を出していた大学から入学許可の通知がきました。
一度AOで落ちているので、なんとか入れたという感じですかね、まあほっとしました。
大したお祝いではないですが、近所のスーパーで割引の寿司を買って食べました。
本人は今日は早速デイズニーランドに遊びに行っています。
 気が緩んで入学前に問題起こすなよ。私は後はお金の心配だけ、やっぱり仕事辞められ
ないね。今月早速入学金、前期授業料などを振込に行かなければなりません。でも大学の
後援会費5万円は高いんでないかい。
 今日はこれから心不全で入院している義父の見舞いに行って来ます。天気はいいのですが、
寒くて風が強そうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「風少年」を読んだと山口出張で見たこと [雑感]

今日読み終わった本
「風少年」 小檜山博 著

 自伝小説だった、北海道で農家を営む家族の少年の小学高学年から、中学までの生活が
描かれている。学校にいっていても、家の手伝いの方が優先されるような、非常に貧しい
家庭に育ったようだ。地域的にも農業の繁忙期には学校を休んで家の手伝いをするのが
普通だったように描かれている。私の田舎でも私が小学校の頃は春と秋に「田植え休み」、
「稲刈り休み」というのがあった。
 こういう自伝の場合、どの辺まで事実に忠実でどの程度脚色されているのだろう。
当然登場人物は実名であったり、仮名だったりするのだろう。

 今週山口に出張したが帰りの飛行機まで少し時間が空いたので、空港の近くの
「きらら博記念公演という所に行ってみたが、平日ということもあるが、がらがらで
スポーツドームで農機具の展示即売会をやっていた、しかし客はいなく、業者の
営業マンだけだった。
 ドームも、競泳上も立派な物で、付近の公演も整備されている。ただ80日間程度の
博覧会開催の為の施設としてはお金が掛かりすぎで、15年以上経ったいままでの維持費は
相当ものではないだろうかと思ってしまう。各施設の利用率がどれくらいかは分からないが。
 いちばん無駄だと思ったのは、広大な駐車場、そこに一台も車は止まっていない。
その駐車場の大きさはネットの地図で同じ縮尺でみたところ、東京デイズニーランドの
一番大きな駐車場よりも大きかった。しかも各施設のそばにはそれぞれ駐車場があるのだ、
休日には人もある程度来ると思うが、ほぼ各駐車場で足りるのではないだろうか。
この広大な空き地を有効に使えないだろうか、全く税金の無駄だ。

 そういえば昨日のNHKのニュースで、消費税のUPに当たって、所得税の減税が検討
されているようだと言っていたが、我が家の場合元々所得税と住民税を合わせても月収の
6%以下だ、所得税だけでいえば1.5%以下なのだ、つまり家計を一番圧迫している税金は
消費税という事になる。つまり所得税減税など殆ど何の役にも立たないのだ。単に国民向け
のアピールで、低所得者には殆ど恩恵はない。

 話しは変わって、ちょっと気になる表示、駅前に日高屋がオープンしたが、入口に
「全席禁煙、喫煙室あり」と書いてあった。どっちが本当なんだ?
 西新井大師のそばの環七沿いの焼き鳥屋で店の名前が「ひよこ」、ちょっと可愛そうで
ないかい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

座間の事件で、死にたいと思っている若者はそんなにいるのか [雑感]

ここ2週間のニュースではなんといっても、座間の事件が特に異常な事件だ。

私が気になっているのは、そんなに本気で死にたがっている若者が大勢いるのだろうかと
いうことと、SNSの言葉を信じて簡単に知らない人の家までついて行ってしまうのだろうか
ということ。
 テレビでの被害者の写真をみる限り、最近の写真ではないので死にたいと思っている
ような人には見えなかったが、本当のことは分からない、死にたいなんていう悩みは人
には言えないだろう。そういう人も普段は周りの人には笑顔で接しているだろう。
でもそういう人でもSNS上の知らない人には自分の気持ちや悩みを簡単に打ち明けて
しまうのだろうか。
 私はSNS上の言葉は簡単に信用できないし、嘘や脚色が多いと思っている。長い間
社会人をやっていると、会う人の殆どは思っている事と、しゃべっている事が大小の
差はあれ違うと言うのは当たり前だと思っている、私も思っている事と違うことを言って
話しを合わせることなんかはよくある。逆にそれだけ純粋ではないし、保身をしている
ということかもね。
 だが10代、20代ぐらいまでだと、自分の思っていることに同調してくれる言葉を
簡単に信用してしまうのだろうか。ましてや犯人はスカウト業とかをやっていたそうだ
から、会ってからも言葉もたくみだったのだろう。大体死にたいと言っている人に死ぬ
ことを薦めたり、一緒に死のうなんていうことが既に信用できない。

 特に今回の犯人の許せない所は殺人は当然だが、私は人の悩みや弱みに付け込んで
自分の欲望を満足させていたという事が特に許せない。
若い人に人を信用するなとは言いたくないが、SNS上の言葉については疑っていいと
思っている。
そういうと私の言葉も信用できなるが。
 
 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ネフィリム」を読んだと出費で頭が痛い [雑感]

今日読み終わった本
「ネフィリム」 小林泰三 著

 ネフィリムとは何かと読んだ後で調べたら、巨人伝説みたいなものらしい。少し前に
流行った「進撃の巨人」もここからヒントを得てるようだとも書かれていた。
 そう考えればこの本も人類と人類意外の生物との戦いと捉えられる。その生物の一つが
吸血鬼であり、さらにもう一つの生物が絡んでくる。
 ただ内容としては非常にピンポイントな感じがして、全体像がつかみにくい。
またこういう物語の場合、最期は正義が勝つみたいな終わり方が多いと思うが、そのへんが
はっきりしない終わり方だった。
そして物語の中に出てくる、一人の吸血鬼と人間の少女の関係がよく分からない。

 この3連休、天気も最高で1ヶ月ぶりに一昨日、昨日とテニスが出来て良かった。
ただ今日はちょっと憂鬱な気分になった、今月は出費が非常に多くなりそうなのだ。
ユニットバスの工事費用、下の娘の大学の入学費用の振込、今月中に買う予定の
軽自動車の費用、軽は中古の安いのを探しているのだが、軽も年式の浅い物は100万
以上する、新車とあまり変わりない、安いのはというと修理履歴ありが殆ど。
お金があれば最新の衝突防止機能付きのでも買って上げたいが、こうも出費が重なると
ほんとに気が重くなるし、悩んでいるうちに体調も悪くなってきた。予定では今月から
来月にかけて、少なくとも200万以上の出費だ。
 さらに娘はトイレをウォシュレットにしてほしいと言うし、女房は食洗機が欲しいと
言うし、それもウォシュレットも食洗機も無い家はうちぐらいだとブツブツ言うのだ。
 ウォシュレットの無い家だってあるだろう、食洗機を置く場所はどこにあるのだ。

 そんな気分だったので、つい本を返しに行くのを忘れてしまった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ジャッジメント」を読んだとメガネを忘れた [雑感]

今日読み終わった本
「ジャッジメント」 小林由香 著

 復讐が合法的に可能になった世界の話だった。そしてその復讐の方法は遺族が決める
ことができる。ただそのために遺族は非常なストレスを受けることになる。
そして遺族もある意味殺人者になってしまう。
同時にこの本の主人公の女性監察官も非常な精神的な苦痛を受ける事になる。
非常にシリアスであるためか、作者が女性のためか、主人公の容姿に対する描写が
何もないのも良い。女性主人公というと少なくとも美人のような描写が出てくることが
ほとんどだがこの本にはそれはない。

 この本を読んでいるタイミングで、座間市で9人が殺害されるという凄惨な事件が
起きた、もし今復讐が合法的だったら、被害者たちの遺族はどういう行動をとるのだろう。

 一昨日出張に行った、そこでまたやってしまった。メガネを昼食をとった店に忘れて
しまったのだ。これで2回目だ、前は山口、今度は長野、私はなるべくメガネはしたく
ないので、必要ないときは外しているので、食事中は殆ど外している。だから帰る
ときに何かに気を取られていると忘れてしまうのだ。どうしてもメニューを見るときには
メガネはいる、だが食べたり話しをしているときはない方がよい、そしてメガネを
テーブルに置いていると忘れてしまうことが多いのだ。実は忘れたのは3回目で
1回は飲み屋だったので会計中に店員さんが気がついて渡してくれたので大事に
至らなかったのだ。過去2回は忘れたのに気付くのが遅く、店を遠く離れてからだった。
店に電話して送ってもらうこともできるのだが、流石に面倒くさい。
昨日早速安いメガネを買った。今まではJINSだったが、店員が少なく全然対応して
くれないので、同じショッピングモールにあるZOFFで買った。でもメガネって店で
試用したときと買って実際に使ったときでは微妙に見え方が違うのが気になる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スバルの検査不正

 今週スバルも検査を資格のない人が行っていたと公表した。
しかも30年も前からというではないか、実は私は丁度30年前に6ヶ月間スバル、
当時の富士重工業に勤務していたことがある。まさかというかちょっとショック。
 そういえば私が辞めて直ぐぐらいに、型式認定を取得するときに、車重が申請値
より軽いということで重りを載せて検査を受けたという不正をしたことがあった。
軽いのに何で重りを載せるんだと思ったが。逆に真面目過ぎるような気がしたが、
今回のはちょっとおかしい、日産もそうだが会社としてISO9001とかとってなかった
のか、ISO9001をとっていれば、毎年の審査でこの辺のことがちゃんとしてなければ
指摘されるはずだと思うが。ただTOYOTAもISO9001をとっていないというからどう
なのかな。TOYOTAの場合は社内の品質管理がISOより厳しいからということらしい
のだが。社内規定があってもちゃんと運用されてなければ意味がない。
 ただこの辺の規定はしっかりしていても、運用がなあなあになっているというのが
日本らしいと言えば日本らしいかも。
 最近のスバルはアメリカでは好調で、日本でもアイサイトで安全に対する信頼を得て
勢いが出てきたのに水を指してしまった。私も嫌で辞めた訳ではないので、ちゃんと
信頼を回復して欲しいものだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「麻布怪談」を読んだと嫌な匂い [雑感]

今日読み終わった本
「麻布怪談」 小林恭二 著

 時代設定は江戸時代、怪談と言っても恐ろしいところは殆どない、どちらかと言うと
お色気たっぷりのラブストーリーというところか。ただ普通の人間同士の恋愛ではない。
ひょっとしたら恋愛でもないのかも。でも登場人物(?)みんなが最期は幸せで終わって
いるような満足感というか「良かったね」という感じがある。

 昨日の朝の通勤電車はきつかった。
というのは南浦和駅の始発電車に乗って発車を待っていたら、発車直前に乗ってきた人の
匂いが凄かった、ずーっと身体や髪を洗ってないとする嫌な匂い、珠にホームレスの
人でこういう匂いの人がいるようだが、そんな匂いだった。丁度私の後ろに背中合わせに
立ったようだ、顔は見てないのではっきりしないが、髪が長く女性ではないかと思った。
とてもずっといられないと思ったが、そこそこ混んでいるし、ドアが閉まり降りることも
出来ない、私は2駅しか乗らないのだが、次の蕨駅で一旦おり、別の車両に乗り換えた。
 まあ体臭は自分では気が付かないからしょうがないのかもしれない。私もほぼ60歳
結構加齢臭が出ていて迷惑をかけているかも知れないね。
 私のもう一つ苦手な匂いが、個人的な主観だが女性の香水で甘くて粉っぽい(?)感じ
のする物がある、珠にすれ違う女性にこういう匂いのする女性がいる、どちらかというと
派手目な人の場合が多いかな、私は香水のことなど全く分からないので何という物かも
分からないが、この匂いを嗅ぐとむせるような圧迫感がし、息を吸い込みたくなくなる。

 今週の土日も雨、また運動不足になってしまう、今日は早朝ランニングだけはできた、
だがそれだけではお腹周りの肉は落ない、それにしてもここ数ヶ月で明らかに腹の
余分な肉が増えている、運動不足と年のせいか。と言ってもフィットネスに金を使う
気は全くない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「いちばん近くて遠い」を読んだ [雑感]

今日読み終わった本
「いちばん近くて遠い」 小手鞠るい 著

 ラブストーリーだが、何組かの男女がからんでちょっとややこしい。
男女が1対2、2対1となって恋愛を繰り広げる。この本を読んで思うことは、女性の方が
恋多く、常に恋をしたいと思っている人が多いのかも。
 これまで読んだ本でも感じたことがあるのだが、女性作家の描く恋愛物の方がドロドロ
している物が多いような気がするのだ。まあ男だって恋はしたいのだが。

 昨日の選挙結果、選挙戦が始まってからマスコミが予想した通りの結果となった。
またしばらく半独裁が続くのか。ただ救いは立憲民主党が躍進したことぐらいか。
与野党が拮抗するようになるにはまだまだ時間がかかりそうだ。
 それにしても今日のニュース番組で10代、20代の約半分が自民党を支持していた
らしいと報道していた。今の若者の風潮として、今より悪くならなければいいと言う
消極的な賛成が多いのではないか。将来に大きなというか、なりたい夢、やりたい夢を
持っている人が少ないのではないか。ちょっと将来が心配なような。
でもそういう私は若い頃に何か一つの事にもっと一生懸命やれば良かったと後悔している。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「接近」を読んだ [雑感]

今日読み終わった本
「接近」 古処誠二 著

 第2時世界大戦の沖縄を舞台にした本だった。読み終わった後にうまく表現出来ない
のだが、何か虚しさや悲しさのような物を感じた。誰が悪いというのではなく、やはり
戦争が悪い、不毛の殺し合いだ。結局勝った方も負けた方も多数の死者が出る。
 戦争を終わらせるのに沖縄や広島や長崎の人たちの犠牲が必要だったのだろうか。
中国や朝鮮半島、東南アジアの人たちの犠牲が必要だったのだろうか、そんなことは
ないはずなのに、戦争は結局大きな犠牲をもって終わる。
そして今でもアフガニスタンやシリアでは多くの命が奪われている。

 この本を読んでいる間にふと思ったのだが、もしアメリカよりも早く日本が原子爆弾を
作っていたとしたら、日本はアメリカや中国に原子爆弾を落としていたかも知れないのだ。
 今日本は世界で唯一の原子爆弾による被爆国だが、一つ間違えば原子爆弾を落とした
側になっていたかもしれないのだ。そう考えればアメリカが悪い、日本が悪いではなく
戦争をしたことが悪い。
 だから日本は戦争放棄をし、世界中のどこでも戦争を否定しなければならない、
集団的自衛権などといって、戦争を肯定する理屈をつけてはいけないと思う。
自衛の為の戦力は必要だが、あくまでも自国の防衛の範疇を逸脱してはいけないのでは
ないか。
 だから私は100%アメリカと共にあるという安倍政権を否定するのだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -