So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「郵便屋」を読んだとまた自分の部屋がもてた [雑感]

昨日読み終わった本
「郵便屋」 笹山久三 著

 どんな本かと思っていたが題名のままだった。郵便配達員の日常が描かれている。
ただ仲間どうしの人間関係が主になっている。本当にこんな人間関係なのかとちょっと
思った。ただそれ以上にこの本を読んで感じることはないか。

 連休に上の娘が帰ってきて、学生時代のアパートから持ってきた荷物を1年半ぶりに
約半分程処分したり、整理した。やっと娘の部屋に入れる状態になった、なんとか1人
ベッドで寝られるようになり、日曜の夜から久しぶりに寝ることになった。
そして昨日の夜久しぶりに音楽を聴きながら眠りにつき、今日朝目が覚めたら音楽を
聴いた。音楽といってもブルーハーツですが。やっぱり1人のほうがいいかな。
女房と一緒に寝ても何もないのだから。

 最近話題のアメフト、遂に当事者の日大の選手が会見したが、なんでこんな会見を
開かなければならないのか、本来大学が真実を公表し、その上で学生を守るのが
当然ではないか。本当に見ていて部の責任者である監督、コーチ、そして大学に
腹が立つ、こんなことで学生がアメフトを辞めなければならないのは本当に理不尽だ。
周りの大人は何をしているのだ、大人なのが恥ずかしくなる。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「アントキノイノチ」を読んだとまさかの車をぶつけた [雑感]

昨日読み終わった本
「アントキノイノチ」 さだまさし 著

 芸能人の本ということで、エッセイとか自伝みたいなものかと思っていたが、
結構いい内容だった。歌手でよくこんな本が書けるなという感じ、しっかりとネタの
調査、収集もしていないと書けないような気がする。
 内容は遺品整理業者に就職した主人公の物語で命の大切さを言っているようだ。
主人公の過去と現在を並行して描いているが、はっきり別れているので思ったより
読みやすい。読んでいる途中ではこの先どんな結末になるんだろうというような期待も
持たせてくれる。作者と題名から想像したよりも良かった。
それにしてもなんでこの題名なんだろう、ジョークかな、それとももっと深い意味が
あるのだろうか。

 今週の月曜日、まさかの車の事故。というか女房が貸駐車場から出る時に、隣の
車にぶつけてしまったのだ。まだ買ってから1ヶ月も経っていないのに。回数にしたら
10回程度しか乗ってないのに、中古で良かった。
 私は会社に夕方女房から電話がきて知ったのだが、相手の方が当時いなかった
らしいので、とにかく保険会社に連絡して指示どうりにしろと言っておいて直ぐに
会社から帰った。
 最寄り駅に着いて駐車場に向かったら何やら警察の車両が駐車場のそばにいるでは
ないか、しかも警察官が4人、そんな大事かと思っていたが、まさか私有地内の事故に
警察と思っていたのだが、やっぱり家の車の件だった。ぶつかった時に相手の方が
いなかったので、保険会社のほうで事故証明がいるかもしれないので警察に立ち会って
もらってくれと言ったみたいだ。
 車のほうは、見たところは両車ともこすって塗装が剥がれた程度だった。
電話で女房が結構酷くぶつけたと言っていたので心配していたのだが、やはり
そんな程度だったか。相手の車は右前、家の車は左後ろだ、左に出ようとしてこすった
ようだ。
 駐車場の管理会社に連絡をとって、相手の方の連絡先を教えてもらい(当然相手の
了解を得て教えてもらったのだが)、相手の方に来てもらい警察立会のもとで話を
し、後は保険会社に任せましょうということになった。結局は保険会社と相手の方との
話でまとまり、事故証明はいらないことになった。
 私の車は直さないことにした、後で補修用のペンを買ってきてサビだけ出ないように
しておこう。
 それよりも保険の等級が3等級下がるのが痛い、私も初めての経験だ。今後何も
無ければ4年後には20等級に戻るのだが、3年間で4万円ぐらいの出費増になる。
どうせなら家の車も直せば良かったかな。
 相手の方の車は金曜日にはもう綺麗になっていたと女房が言っていた。

 世間的には今週の一番のニュースは西城秀樹さんが亡くなったことか、年齢も
私と3歳しか違わない。2度も脳梗塞をやられていたので大変だっただろう。
 少し前には大杉蓮さんが亡くなり、やはり60を過ぎるといつ死んでもおかしくないね。
40,50代に比べると死ぬ確率はかなり上がるのだろう。
 今から少しずつ終活をしておこう。物も金も本当に好きな物、最低限に必要な物
だけにして、残った家族、親族になるべく迷惑が掛からないようにして、
死ぬときは身軽になって死のう。そして死ぬ前にやっておきたいことを少しずつやろう。
家族には位牌は要らないから写真だけ飾ってくれればいいとは言ってある。

 というわけで、何もないおっさんの生活が今週は結構バタバタでした。


 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「春を背負って」を読んだ。 [雑感]

今日読み終わった本
「春を背負って」 笹本稜平 著

 奥秩父の山小屋を舞台にした割とほのぼのとした本だ、小さな事件もあり、以外と
だらだらしないでちょっと緊張感もある。主要な登場人物も辛い経験をして、
山小屋でやっと安らぎを得たというところか。

 私は40年近く前の学生時代に一度だけ山好きの友人に誘われて南アルプスの北岳、
間ノ岳、農鳥岳を縦走したことがある。本格的な登山はこの一回だけ、しかも3日目は
雨にも降られた。後は家族で行った筑波山ぐらいか。
 先週鋸山に登ったというかハイキングだが、でも低い山でも高い山でも頂上に登ると
気持ちがいいのは確かだ。本当は結構山好きかも。

 今週は個人的には特に何もなし、60過ぎのおっさんは何もないのが当たり前か。
でも新潟の小学生殺害事件は本当に可愛そうだし許せない。
被害者一人でも死刑でもおかしくない気がする。しかも殺した後轢死に見せかけようと
するところも許せない。
同年代のお子さんを持つ近隣の親御さんは犯人が捕まるまで安心はできないだろう。
一刻も早く犯人が捕まって欲しいものだ。
 それにしても住宅街の中の線路に入って死体を遺棄するというのは、それなりに
この時間帯なら人目がないとか列車の運行時間などを知っていないと出来ないのでは
ないか。そう考えると犯人の生活圏も近くなような気がする。




 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「求愛」を読んだ [雑感]

昨日読み終わった本
「求愛」 笹沢左保 著

 恋愛物でもなくサスペンス物でもないかな、近頃の表現で言うと「ストーカー物」と
いう感じか。悪いのは男だがこの主人公の女性は登場人物の誰も愛していないように思う、
セックスと人生の保証が目的なような、だからちょっとした火遊びのつもりが思わぬ結果
を招いてしまう。
 ただ結末はもうちょっと一捻り欲しい、なんとなく予想した結果になった。
最期は逆にこの女がストーカーになったりしたら面白いのにな。

 連休も今日で終わり、鋸山に行った以外は特になし、上の娘が4日程戻ってきたが、
結局家の荷物は整理せず、永久にこのままか。
荷物を捨てることはできないが、娘が帰った後リビングとかあちこちにある荷物を
娘の部屋に集めてしまおう。本当は娘の部屋を整理して私が使おうと思っているのだが
、そして将来的には新しいスピーカーを作って部屋に籠って一人で音楽を楽しもうと
思っているのに。

 そういえばこの付近の不審火の犯人らしい人物が防犯カメラに映っていたらしいが、
よく考えたら放火というのは火を付けたら直ぐに燃え出すわけだから、犯人が逃げる
時間はあまりないような、ということはそんなに現場から遠くへ逃げていないのでは
ないか、しかも放火犯て動機として火が燃えるのを見たいという願望があるのでは
ないだろうか、とすると現場からそう遠くないところで見ている可能性はないだろうか。
 こうゆう愉快犯的な犯人は捕まるまで欲望を抑えられないだろうから、余熱が覚め
たらまだ犯行に及ぶのではないか、早く捕まって欲しいものだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「矯正労働者の明日」を読んだと鋸山に行った [雑感]

一昨日読み終わった本
「矯正労働者の明日」 佐木隆三 著

 10代の頃から非行に走りヤクザになって刑務所に入った人物の刑務所内での生活
を描いたものだ。そして出所しても簡単に普通の生活を送ることができにくいだろう
ことが書かれている。事実を基にした作品か。

 昨日は千葉県の鋸山に行ってきた、以前家族でロープウェイで登ったときに、
景色が良かったので、歩いて登ってみたかったので1人でいった。
 朝5:59分の電車で、浜金谷8:19分着、コンビニでおにぎりを買って行った。
着いたら結構風が強く、案内所のおばあさんがロープウェイは止まってるよと
言ってくれた。でもそのせいか晴天で空の青と山の緑が美しかった。海は少し
白波が立っていた。
 観光用の地図は駅でもらったが何故か英文しか残ってなかった。案内所で和文を
もらった、案内所といっても普通の民家の軒先という感じ、まあそれが何とも言えず
いい感じ。「そこの肉屋を曲がって」と道を教えてくれた。
 いざ歩き出すと基本的には1本道だが小さな分岐があり看板が立っていて案内して
くれる、看板は何カ国語かで書かれている。海外の人も多いのだろうか。
DSCN0109dsize.jpg

展望台まで約40分弱だった、最初は割となだらかだが途中から結構傾斜が
きつくなる、2歳ぐらいの子ども連れの家族もいたが、ちょっと大変そうだった。
小さい子ども連れはやめたほうが安全なような。しかも2日夜の雨が完全に乾いて
なく、ちょっと滑りやすいかなという感じ、下りは要注意だ。
階段上に木や石を並べてあるところも1段が結構段差があるところがあり思った
より足にくる。
 そして東京湾展望台に到着、景色は最高によく、本当に来てよかったという感じ
DSCN0116dsize.jpg

DSCN0120dsize.jpg

DSCN0119dsize.jpg

写真だと空の青さや山の緑の色合いが分かりにくいが、肉眼だと空と山と海の
色がもっと鮮やかでコントラストが凄くはっきりしていて凄くいい。ただ展望台が
狭いので人が多いとゆっくり出来ないか、20人ぐらいでいっぱいのような。
展望台着が9:40ぐらいでまだ人が少なかったのでゆっくりできて良かった。
写真では見にくいが富士山や伊豆半島、大島が見えた。いやー気持ちがいい。
 ここでおにぎりを食べる予定だったが景色を見ていて忘れてしまった。
下りになったら次々と人が上がってくる、ちょっと遅かったら展望台は
人でいっぱいになっていただろう。家族連れやカップルなどが多い、外国人も
いる。
本当は私も夫婦か家族で来たいところだが、あいにくうちの家族は体力系は
好きではないし、行動も遅く朝早いのは嫌。仲の良さそうな夫婦を見ていると
うらやましい。
でも一人は一人で自分のペースで登れるのでいいのだが。


 駅に着いたら、電車が1時間に一本ということで、30分待ちぐらい、
駅の待合室で持ってきたおにぎりを食べる、何しろ11時前なので食べる
ところもないので丁度良かった。そして帰路に着く。
 家に着いたのが14時前、帰ったら「なんでこんなに早く帰ってきたの、
せっかく高い電車賃をはらったんだからゆっくりしてくればいいのに」と
言われた。

 どうせ年寄り、早く目が覚めたら、早く行動すると一日が有効に使える。
でもそのうち毎日早朝散歩をするようになっていくのかな。









 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

tokio会見の違和感 [雑感]

 昨日のTOKIOの会見を下の娘と一緒に見たが、なんとなく違和感を感じた。
それは本人達の発言とかではなく、なぜTOKIOというグループが矢面に立っているのか
ということだ。普通のアーチストのように音楽をやりたいという共通目的で自主的に
結成されたバンドなら、このような形の会見もありだろう。
 でもジャニーズ所属のグループの場合、アイドルになりたいという共通目的はあった
にしても、もともと本人達の意思とは関係なく商品として作られたグループだ。
第一の謝罪は社長が顔を出して行うべきではないか。一般企業で言ったら不正検査が
発覚したようなものだろう。
 そして言い方は悪いかも知れないが、商品をリコールするか、使用に際しては注意して
下さいと注意喚起だけにするかは社長の判断だろう。本人達は一生懸命やるしかないの
だから、謝罪も今後の決断も本人達任せというのはおかしくないか。

 会見の中でも、ジャニー氏に対してメンバーから親という表現が出ていたが、
中学生ぐらいから、右も左も分からない芸能界に入ったら、社長は親かそれ以上の
存在になってしまってもおかしくない。言い方を替えればいつまでも親の庇護の
元にいるようなものだ。子どものまま大きくしておいて自分たちで決めていいよは
ないような。私はTOKIOのメンバーを責める気は全くないし、会見では本当にメンバー
の誠意を感じた、松岡くんの涙には私も涙がでてしまった。
 そういえば先ごろ退所を発表した元関ジャニ∞のすばるくんも自分の力で挑戦したい
というようなことを言っていたような。
 ジャニーズとその所属アイドルとの関係は単なるアーチストと所属事務所の関係では
ないんだろうな。社員なら実力をつけたら会社に残るか出るかは別にしても、
自分のやりたい方向に進みたいと思うほうが自然だと思うが、ジャニーズ所属という
看板を背負ってそこに居ればいれば永久保証的ということかな。

 それにしてもSUMAP、TOKIOといいジャニーズのグループにとっては25周年と
いうのは鬼門のようだ。普通の人でも40歳ぐらいの時ははこのままでいいのかと
悩みやすい時期ではあるような。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「模造殺人事件」を読んだと連続不審火

今日読み終わった本
「模造殺人事件」 佐々木俊介 著

 富豪一族で起きた殺人事件物だ、定番だ。ただ種明かしの途中で、なんとなくそうか
なあと分かってしまうところが、ちょっと残念。後現場を見ないで殆どの推理が終わって
いるのもちょっと物足りない。もうちょっと緻密な感じが欲しいか。色々な要素を
絡めすぎているような。何人も死んでいるのに、世間的には大事件になっていないのも
不自然、警察も出てこないで、素人だけで解決してしまうのも不自然か。

 今日の深夜から未明に掛けて、私の住んでいる町で不審火が2件あった、隣の市と
合わせて4件だ、さらに数日前にはさいたま市などでも連続不審火が起きている。
同一犯かどうかは分からないが、犯人が捕まってないのは心配だ。私の家はマンション
なので不審火といっても大きな被害はでないかもしれないが、戸建の人は不安だろう。
深夜に火を付けられたら被害の大小はあれ、完全に防ぐことは難しいだろう。
付近の防犯カメラとかに不審人物が映っていたりすれば、捕まえることもできるの
だろうが。
脱走犯が捕まらなくて心配していた島の住民の気持ちが少しわかるような。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「風化の午後」を読んだと女房の一言 [雑感]

昨日読み終わった本
「風花の午後」 笹木靉子 著

 作者の靉という字は初めてみた、というか「あい」と読むのかと思って検索したが、
「えい」と読むのだった。
 内容は一人の老女が自分の一生を振り返るという内容だ。題名の「風花」というのは
風にちらつく雪のことらしい、聞いたことがあるような。つまり時代や周りの人々に翻弄
されて生きた人生ということだろうか。明治から昭和にかけて生きた女性だ。
途中には戦争もありとにかく大変だったようだ。自分の意思ではどうにもならない事を
受け入れざるを得ない状況で必死に頑張ったことが綴られている。
その当時の人は今の人よりも全体的には逞しかったような感じがする。

 昨日、残りの人生は帰り道だからもう無理して貯金することもないと書いたが、
それを軽いジャブのつもりで「もう特に貯金する必要もないね」と女房に言ったら、
直ぐに「そんなことはない」とストレートで返されてしまった。
女房は老後にいくら資金が要るかとか結構気にしているようなのだ。当然今の
貯金額では全然足りないと思っているようだ。
後は紙(宝くじ)頼みだな。

 最近気になっているのが、数十万円~数百万円でできる小さな家があるとのこと、
マンションと違って周りの人に気兼ねなく趣味やDIY作業をしたり、のんびり音楽を
聴いて過ごしたりする場所には丁度いいような、それにしても土地がないとね。
田舎の佐渡では往復の交通費が出せない。今のマンションから車か電車で1時間以内の
田舎に作れたらいいのにな。しかし貯金をはたくのはとても許しがでないな。
結局夢で終わるのか。ただ焦らず、じっくり情報を収集しよう。
こっちも紙頼みか。





 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう人生、帰り道でいいかも [雑感]

昨日、ふと思ったのだが、60を過ぎ、下の娘も大学に入り、子育てもほぼ終わり。
どんなに長く生きても後40年、マラソンで言えばもう折り返し地点は過ぎている。
つまり帰り道。
 ブルーハーツの曲「ナビゲーター」にも
 「あーあー、この旅は気楽な帰り道、野垂れ死んだところで本当の故郷」
という歌詞がある。

 後は帰り道だと考えると、結構気が楽になる。年金が満額入るまで働いて、なんとか
食べていければ後は年金生活、もう学費とかを貯める必要もない。
母親の介護施設の費用も母親の年金で賄えるし、葬儀も家族葬にすればその年金の
残りを貯めておけば賄える。自分は延命処置も要らないし、自分の葬儀はただ火葬にして
くれればそれでよし、戒名いらず、お墓も要らない。後は女房の葬式代だけ100万も
残しておけば良い。女房はお墓に入れてあげたいから、後100万要るか。

 となると後5年、赤字にならないように生きていけばいい、貯金も無理してする
必要はない。ということはやれる範囲内でやりたい事をやっていればいいということだ。

とかんがえると、結構気が楽になる、病気になったらしょうがない、長生きをしたい
訳でもないので諦める。

こんなことを考えるのも、連休が暇過ぎるせいか。ブログも暇つぶし。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TOKIO山口の件について思う [雑感]

TOKIOの山口、何をやっているのだ。 
 普通の人だったらニュースにもならないだろうが、夜中に未成年の女子を自宅に
呼び出す時点でもうおかしいだろう。当然酒に酔ってのことだろうが言い訳にならない。
自分の今の立ち位置は本人の努力もあるだろうが、多くの人に支えられているのも
確かだろう。本人も失うものは多いだろうが、仲間やいろいろな方面で関わりのある
周りの人も多くのものを失ってしまう。福島の人がポスターを剥がしているのは
やるせない。
 特に被害者や若い人や子どもにとっては、人を信用するという心に大きな傷を負って
しまうかもしれない。
 それにしてもある程度の年齢になったらお酒の飲み方はセーブしなければならないね。
私も飲み会でも飲む量は減らしている。

 連休に入ったが特にすることもなし計画も立ててない、この辺がいつも家族から批判を
浴びるのだが、女房は旅行とかは何ヶ月も前から計画を立てる派、私はせいぜい1,2
週間前に考える派、ひどいときは明日とか、今日とかって感じ。上の娘は就職し、下も
大学とバイト、みんなスケジュールがあるようだ。そう言われれば返す言葉もない。
とりあえずこたつはしまおう。今日は車にETCの装置を付けてもらいに行くぐらいか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -