So-net無料ブログ作成
検索選択

「ジャッカー」をよ読んだと東名高速の事故映像 [雑感]

今日読み終わった本
「ジャッカー」 黒石研 著

 近未来のサスペンス物という感じか。最初は普通の事件物かと思ったが、どうも
ストーリーが繋がらない変な感じ、後でそのへんの理由は分かってくる。
死と生の境目がポイントかな、そして異常な医学者が絡んでちょっとおどろおどろしい
雰囲気も出てくる。ただ最近のVR(バーチャルリアリティ)の技術を使えば映画には
しやすいかも。

 ところで東名高速のバス事故の映像は衝撃的だ、バスのドライブレコーダーに
乗用車が飛び込んでくるのがはっきりと写っていた。もう少し下に突っ込んでいたら
かなりの犠牲者が出たことだろう、不幸中の幸いとは今回のような事を言うのだろう。
 それにしても最近の事件や事故ではいたるところにある監視カメラや車のドライブ
レコーダーの映像が解決の決定的な証拠になることが多いようだ。
 監視社会がいいとは言えないが、個人を狙ったのでなければ公共のエリアでは監視
カメラは必要かもしれない。ただこの映像データが国家権力などに悪用されたら
非常に危険なことも確かだ。最近のニュースではJR山手線の電車内にもカメラを設置
して痴漢対策にしようとしているようだが、カメラに写りそうな所で痴漢をするかなあ
と思うけど。

 全く話は変わるが、車関連で近頃思っていること、ホンダの車ってここ何年か
で出てきた新車は殆どフロントの印象が似てる気がするけどどうでしょう。
横長のヘッドライトとエアーインテークの配置が同じ印象がしてなんとNSXまで
同じ感じ、ホンダのアイデンティティを表そうとしているのかも知れないが、昔は
シティや初代フィット、プレリュードなど個性的で自由なデザインがあって良かった
気がするのは私だけでしょうか、デザインはトータルで考えるもので、全体の
イメージが違うのにフロントだけ統一するのはどうかと思うが。
私も今は車は持ってないが、数年前まで初代フィットに乗っていた。
全体のデザインはどこから見ても違和感がないいいデザインだと思っている。
 最近ではTOYOTAのシエンタが個性的で好き嫌いはありそうだが、車全体のデザインに
統一感があってよいと思う。反対に違和感があるのはアクア、前から見ると低くシャープ
な感じがするのだが、リアは反対に縦長のイメージで途中で切り落とした感じで、
フロントとリアのバランスが悪く感じる。デザイン途中で辞めました感がする。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0