So-net無料ブログ作成
検索選択

駅のホームにて [雑感]

 今日、帰りの電車の乗り換えの南浦和駅のホームに上がったら、いつも私が使う
車両のドアの順番待ちの列の一番前に、松葉杖で身体を支えている足の不自由そうな方が
立っていた。私はその人の次に後ろに並んで待っていた。電車がホームに入って来る
頃には後ろにドアの両側合わせて20人近い人が並んでいただろう。
 そして電車がホームに入ってきて止まってドアが開いたが、その方はホームと電車の床の
隙間と段差が乗り越えられずに四苦八苦していた、だがその姿は非常に不安定で周りの人も
簡単に手助けが出来ない、私も直ぐ後ろにいたのだが、かえって変に手助けをしてバランス
を崩し転んだり、そうでなくても変な所に力を加えて大変な苦痛を与えるのではないかと
手が出せないでいた。
 しかしホームの放送は容赦なくドアが閉まりますとアナウンスされた。ここでドアが
閉まったら危ないと思い最悪非常ベルを鳴らすしかないかもと思っていた。とにかくドアが
閉まらないように、私と反対側の人でドアを抑えていた。そうしたらなんとかその方が
身体を車両の方に入れることができた。乗った後は席を譲っていただき座ることができた。
 私が今日このことを書きたくなったのは、この数十秒の間並んでいた人は誰も急いで
乗ろうとして前の人を押したりせず、静かにその方が無事乗車出来るのを待っていた
ことだ。当たり前といえば当たり前かも知れないが、なんとなく嬉しかったからでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0